HOME>トピックス>汚れたものによってクリーニング方法も違う

目次

宅配というサービス

アイロン

宅配クリーニングですが、汚れた衣類を集荷専用のバッグに詰め込み、指定した運送会社がクリーニング店まで運び、仕上がった衣類を再び運送会社がご依頼先まで届ける内容です。しかし宅配ですから、時間や近場であれば持ち込み、仕上がった衣類を配送してもらう、そうした利用方法も選択できます。

対応力がある

洗濯機と服

カウンターで品物の確認ができないので、処理の方法などはネット上で受けることもあります。宅配クリーニングでは、洗い方や加工の仕方について要望があれば対応してくれます。例えば、縮みやすいから手洗いをしてほしい、虫の害を受けやすいから防虫加工をしてほしいなどです。

色んなクリーニングがある

宅配クリーニングは、有機溶剤を用いるドライクリーニングと、水を使って水溶性の汚れを落とすウェットクリーニング、さらに、毛皮のコートなどの特別なものに限定した特殊クリーニングなど、多彩なメニューで汚れを落としてくれます。もちろん、宅配サービスですから、価格が適切であれば、家庭で洗濯する衣類、下着までがクリーニングできます。

シミ抜きの種類

宅配クリーニングとはいっても、それが衣服とは限りません。家事代行サービスであるならば、掃除できる生活圏内のすべてが対象になります。例えば、絨毯やカーペット、ベッドシーツなども対象です。敷物となれば、折り畳むよりも筒状に丸めてから宅配業者に出すことで繊維も傷みにくくなります。敷物のクリーニングですから、汚れの種類としては『シミ抜き』が多いようです。こすらずたたいて、他の布に汚れを移し取ることもあります。クリーニングでは基本的に水で落ちるものから、色素が残りやすく、漂白剤を使う種類のシミに対応してくれます。

広告募集中